抗生物質 市販薬 マイコプラズマ肺炎の薬 通販

マイコプラズマ肺炎の薬 抗生物質 市販薬

ペニシリン系、セフェム系などの抗生物質は

細胞壁を持たないマイコプラズマには無効である為

マクロライド系の抗生物質であるクラリスロマイシンや

ジスロマックなどが最初に選択されます。

マクロライド系抗生物質クラリスロマイシン

マクロライド系抗生物質ジスロマック

最近はマクロライド系抗生物質が効かないマイコプラズマ肺炎が増えてきました。

マクロライド系の抗生物質が無効な場合には、テトラサイクリン系抗生物質や

ニューキノロン系の抗生物質が有効とされています。

ただしテトラサイクリン系抗生物質は、8歳以下の子供に2週間以上長く使用すると

歯が黄色になったり、骨の発達に影響を受けると言われています。

ニューキノロン系抗生物質も、関節への影響から子供にはあまり使用されません。

テトラサイクリン系抗生物質ビブラマイシン

ニューキノロン系抗生物質クラビット

※関連記事

マイコプラズマ肺炎の薬一覧